ヌレヌレを項目別に評価してみた!

肌への優しさ ★★☆☆☆

【全成分】

水添ポリイソブテン、プロピルパラべン、BG、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、エチルヘキサン酸セチル、アルブチン、水、スクレロカリアビレア油、カッパフィカスアルバレジエキス、ダミアナ葉エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、テトラオレイン酸ソルベス-30、ローヤルゼリーエキス、ウミクロウメモドキ種子油、トコフェロール、ダイズ油、パルミトイルオリゴペプチド、トリベヘニン、パルミチン酸エチルヘキシル、イソステアリン酸ソルビタン、クランベリー種子油、グリチルレチン酸ステアリル、ムラサキバレンギクエキス、スクワラン、ローズマリーエキス、グリセリン、香料

ヌレヌレには、植物由来成分で出来た美容成分が豊富に配合されています。ただ、しっかり全成分を見てみると「合成ポリマー・合成界面活性剤」などが配合されているのも分かります。

合成ポリマーや合成界面活性剤は危険だとも言われているのですが、一方で合成ポリマーについて擁護している意見も多々ありますので、本当に危険なのかどうかは真偽が問われている所ですね。合成界面活性剤は圧倒的に多くの人が危険だと言っています。ですから、敏感肌の人は避けたほうが良いと思われますね。

私も敏感肌なので、合成界面活性剤が配合されている化粧品などは、出来るだけ使わないようにしています。ただ、毎日使わなければ大丈夫かなと思っていて、特別な日やヌレヌレを使いたいデートの日などに使うようにしています。

毎日使わないで、特別な日だけにすれば敏感肌であってもそうそうトラブルが起きることはないと思います。私は現在、ヌレヌレを1週間に2回くらいは使っていますが、唇が荒れたり傷ついたり、痒くなったりすることはありません。

口コミをチェックしたときに思ったのですが、他のグロスや口紅を塗ったときには荒れたり痒くなったりする人でも、ヌレヌレならそういったことがない、という意見がありましたので、安全面では割としっかりしているのかなと感じました。日本製という部分もありますし、信頼できるアイテムかなと思います。

ただ、合成界面活性剤や合成ポリマーが配合されているのは事実なので、肌への優しさという点では少し評価を低めにさせていただきました。

唇へのつけ心地 ★★★★★

唇にヌレヌレを塗ったときは、とても心地よい感触です。べたべたしないですし、ツヤのある唇が演出できます。見た目はグロスを塗った感じで、付け心地はリップクリームの軽さですね。不快感もベタつきもなくて、付けていてとても心地よいです。

実は私は、グロスのベタベタした感じが苦手なので、グロスを塗ったとしても我慢が出来なくてふき取りたくなってしまうのですが、ヌレヌレを塗っても拭き取りたいとは思わなかったです。ヌレヌレはとても軽い付け心地なので、気にならないんですよね!しかも軽い付け心地なのに、潤いがあって唇が保湿されているのが分かります。これは夏場でも冬場でも重宝すると思いますよ!

それから、ヌレヌレのブラシ部分もコシがありながら柔らかいので塗りやすいです。唇の形をキレイになぞることができます。

ダイヤル式になっているのですが、2回くらいカチカチっとダイヤルを回せば1回分がでます。足りなかったらまた少し出せばOKです。ちなみに、最初にリップクリームを塗ってから、ヌレヌレを塗れば少量だけでもプルプルの唇が演出できますよ~!

それから、多くの人が高評価している香りですが、本当に良い匂いがします。唇に塗ったときにはとても良い匂いが広がってリラックスできます。ただ、香りが割と早く飛んでしまうので、そこだけがちょっと残念かな?

保湿&持ちの良さ ★★★★★

口コミをチェックしたときに、グロスとして持ちが悪いという意見がありました。ただそれは、唇用の美容液としては当たり前なのかな?と思いました。

グロスのようにツヤのあるプルプル感が消えた後に、唇がしっかりと保湿されていることが重要です。ヌレヌレは美容成分が配合されていますので、唇にしっかりと美容成分が入っていき、保護・保湿されていることが分かります。ですから、唇が乾燥しないのです。

ちなみに私は普段からグロスは使わずに、リップクリームを使っているのですが、そんな私がヌレヌレを塗ってみて思ったのは「さほど持ちが悪いとは思わない」でした。潤いがキープされるので、唇が荒れたり乾燥したりしないので、持ちが悪いと感じなかったのかなと思います。

ヌレヌレは、ナチュラルなリップメイクが好きな人や、仕事用として考えると、とても良い持ちとツヤだと思いますよ!

コスパ ★★☆☆☆

ヌレヌレの口コミをチェックして思ったのは、コスパが悪いという意見が多いことですね。1本の値段が高いということ、ダイヤル式で液体タイプなので、減りが早いことが、コスパの悪さを表しているようですね。

ですから、まずはリップクリームを塗ってから、ヌレヌレを塗れば少量でも十分にプルプルになりますので、節約できますよ!贅沢使いができないという場合には、この裏技を試してみてくださいね。

種類の多さ ★★★★★

 

ヌレヌレは、全部で5種類の香りが用意されています。
5種類それぞれに、キャッチフレーズが付いているのも楽しいですよね!

甘すぎない香りで多くの人に好まれるものとなっていますので、色々な香りを購入して楽しむこともできますね。女性は、これだけたくさん種類があるとワクワクしますよね!

5種類とも色はほぼ無色になっています。香りの違いですね!

ケース・持ち運び ★★★☆☆

ペンシルタイプで細めのシルエットなので、携帯しやすくなっています。ポーチにもカバンのポケットにも入るサイズです。ただ、普通のリップクリームと比較すると、少しだけサイズが大きくなるので、そこをマイナスとしました。でも、食後などに1回だけ塗る直せばいいくらいなので、ポケットやポーチに入れておいてもそこまで気になるサイズではありませんよね。

それからもう1つ!割とお値段がするのですが、その割にはデザインがちょっとチープな感じがします。子供っぽい印象がありますね。セクシーな唇を演出するグロスなのであれば、もう少し高級感のあるデザインのほうが良いかなと思います。ただ、残量が一目でわかるように工夫されているので、そこはさすがです!

それと、ヌレヌレという名前もちょっと気に入らないという意見がありました。英語表記だとそこまで気にならないのですが、ヌレヌレと日本語表記してしまうとちょっとね・・・(笑)でもケースには英語表記が記載されているので、安心しました!

ヌレヌレの総合評価 38点/50点

私が実際にヌレヌレを使ってみて、1番良かった~と思ったのは「グロスよりも軽い!そしてツヤがありプルプルした唇になり、潤いが出る!」という事でした。

香りも凄く良くてリラックス効果があるな~と感じていますし、5種類も香りが用意されているので飽きることなくヌレヌレを楽しむことができるな~と思いました。

ただ、少し残念だなと思ったのは、毎日ヌレヌレを使ってしまうとコスパが悪いという点です。それから、成分にはちょっとだけ不安を感じるものが配合されている所ですね。塗った感じや仕上がり、潤いなどに関しては凄く良いと思ったので、残念だと思う所が改善されたらパーフェクトなんですけどね~。

使用感が抜群で、香りも凄く良いので、こういった商品にはなかなか出会えません。ですから欠点をカバーするように、工夫して使うことでヌレヌレを活用できるかなと思っています。

出かける時や特別な事がある日などにヌレヌレを使うようにして、毎日使うのはやめる!そう考えて使っていけば、成分もコスパの面でも問題は解決されると思います。特別な事がある日と、その前夜にはヌレヌレでケアをしてあげるというのが、私のおススメの使い方です。

グロスのベタつきや重みが苦手だという人、メイクをしながらも唇をケアしたい人、ナチュラルなリップが好きな人には、ヌレヌレがおススメですよ~!興味がある方は、是非試してみてくださいね。